ユースホステルのご紹介

全世界の若者と家族及び会社員のための韓国一の休暇、教育施設です。

HOME < ユースホステル < ユースホステルのご案内 < ユースホステルのご紹介

  • ユースホステルのご紹介
    • オリンピックユースホステルは青少年の宿泊施設としての活用、国際青少年交流の活性化及びアカデミーハウス機能の遂行のために1990年9月に開館したソウル所在の代表的な青少年研修施設です。ここにはトリノオリンピック選手団の結団式、大韓障害者体育会創立記念式、ブラジル、スペイン、ドイツ、ハンガリー、カナダ等の北京オリンピックのベースキャンプの設置のような大きなスポーツイベントだけでなく、各種式典及び国内外の会議まで誘致し、数々の行事に携わってきた名実共に韓国最大のホテル式のユースホステルであると自負しています。
    • 居間まで約276万人が利用したオリンピックユースホステルは数、質共にハイレベルな施設として多くの人々に愛されてきました。実際にオリンピックユースホステルはドラマやCMの撮影地として多く利用され、生態学習場であるオリンピック公演内に位置し、都市と庭園の特徴を一度に満喫できる場所でもあります。合わせてオリンピック記念館、ソマ美術館、ロッテワールド等の文化娯楽施設と峨山病院のような大きな病院が近くにあり、地理的にも環境的にも青少年の研修と教育に最適の条件を備えています。
      また、経済的な費用で清潔で快適なホテル規模の施設を利用できるということは、オリンピックユースホステルがもつもう1つの長所です。体育系のイベントに参加したパク・テファン、キム・ヨナ、ジャン・ミラン、ファン・ヨンジョ等の各界のスター選手を偶然見かけることができるのもまた違った楽しみのうちの1つです。
    • 2001年からは離島や僻地の学生、脱北青少年、多文化家族の児童、少年少女家長の招待行事、オリンピック文化圏探訪研修等40のプログラムを主催及び進行し、韓国の未来を担う青少年の健全な文化の育成にも絶えず感心と情熱を注いでおり、これからも多くの青少年育成プログラムを開発、進行する予定です。特にダニエル・ヘニーやハインス・ワードのように社会的な偏見と差別を見事に克服し、成功を収めた「著名人との出会いの場」の取り持ちは困難な状況下でも青少年に夢と希望を与えるのによく、それだけに熱い注目を浴びています。
      これらはすべての青少年に対する「公益的機能」を利潤追求に先立たせるオリンピックユースホステルの運営哲学から推進されたことにあります。
  • 運営理念

    青少年の文化空間(修学旅行、スポーツ活動、芸術活動、サークル活動、自然体験、歴史探訪等)として青少年の健全な育成とバランスのとれた発達のための能力向上

  • 運営目標
    • 1. お客様への奉仕と企業倫理を経営の最優先とし、公益企業としての責任の完遂
    • 2. 国際的交流中心の青少年研修施設として国歌の代表的な名所の場の実現
    • 3. 社会貢献活動を通じた社会的責任完遂としての公益的機能の強化