予約センター

便利で早いインターネット予約サービスをご利用頂けます。

HOME < 予約センター

Accommodation Reservation

  • インターネットでの予約時、20%OFF致します。
    (個人のお客様に限る)
  • 長期滞在のお客様(1週間以上)はビジネスセンターにて無料でインターネットを
    ご利用頂けます。
  • ※ 当日のご予約はTEL : 02) 410-2514までお問い合わせください
  • 利用約款

    宿泊約款

    • 第1条(約款の適用)
      • ① 「ソウルオリンピックパークテル(以下、「オリンピックパークテルという」)が締結する宿泊約款及びこれに関係する契約は、本約款が決めるところによるものとして本約款に規定されない事項に関しては、法令または慣習によるものとする。
      • ② オリンピックパークテルは約款の趣旨、法令または慣習に違反しない範囲内において特約に応じることが可能です。
    • 第2条(宿泊手続きの拒否)

      オリンピックパークテルは次の場合、宿泊手続きを拒否することがあります。

      • 1. 宿泊の要請が本約款に適用されない場合
      • 2. 満室のため客室に空室がない場合
      • 3. 宿泊しようとする者が宿泊に関する法令または公序良俗に違反する行為をするう慮があると認められた場合
      • 4. 宿泊しようとする者が伝染病患者として明らかに認められる場合
      • 5. 宿泊に関連し、必要以上の負担になる場合
      • 6. 天災または施設の故障等不可避の事態のよって宿泊に応じることができない場合
      • 7. 不法に銃器を携帯する者
      • 8. 大韓民国法令等が規定するところによって宿泊することができないと認められる場合
    • 第3条(氏名等の申告)

      オリンピックパークテルは宿泊予約を申請しようとする予約者に次の事項に関する明示を要求することがあります。

      • 1. 宿泊者の氏名、性別、国籍、職業、住所、パスポート番号等
      • 2. その他オリンピックパークテルに必要と認められる事項
    • 第4条(予約金)

      オリンピックパークテルは宿泊予約申請を受けた場合、滞在時間に相当する宿泊料の10%を予約金として前払いを要求することがあります。予約金は違約金請求事項に該当する場合、違約金に充てられ残額は返金致します。

    • 第5条(予約の取り消し)

      オリンピックパークテルは別に定めるところを除き、次の場合に予約を取り消しすることができます。

      • 1. 宿泊手続きの拒否事項に該当する場合
      • 2. 宿泊または予約時の氏名等の申告事項に虚偽があった場合
      • 3. 予約金を支払わなかった場合
      • 4. 宿泊予約者が宿泊当日22:00までに事前に連絡なくホテルに到着しなかった場合
    • 第6条(違約金の請求)

      オリンピックパークテルは予約申請者が予約の全部または一部を取り消しした場合、一般の商慣例に従い次のとおりこれに対する違約金を請求することがあります。

      • 1. 一般客( F.I.T)
        • ア. 宿泊前日に取り消しする場合、宿泊料金の20%範囲内
        • イ. 宿泊当日に取り消し及び連絡なく宿泊しない場合、宿泊料金の30%範囲内
        • ウ.宿泊2日前に取り消しする場合、宿泊料金の10%
    • 第7条(登録)

      宿泊者は到着後、即時にオリンピックパークテルのフロントで登録カードに氏名等の必要事項を記載しなければなりません。

    • 第8条(宿泊料金算定)
      • ① 宿泊料は宿泊者がホテルに到着したときから出発するまでの料金を基準としますが、それは到着時に登録カードに記入した時間から出発時に客室のキーを返却したまでの時間であり、チェックアウトの時刻は12:00を基準と致します。
      • ② 宿泊時間が経過した場合、次のとおり追加料金を徴収致します。
        • 1. 17:00まで:宿泊料金の50%
        • 2. 17:00以降:宿泊料金の全額
      • ③ 1日未満の宿泊料金は次のとおりに適用されます。
        • 1. 12:00以前にチェックインし、5時間以内:別途指定の料金
        • 2. 12:00以降にチェックインし、17:00までにチェックアウト時:別途指定の料金
        • 3. 上記のチェックアウト時間を超過時:公表の料金の100%
      • ④ 宿泊者の事情によって客室定員を超過し利用した場合には、1名ごとに別途指定の金額を徴収し、客室別基準定員以下の人数が宿泊した場合は該当の客室基準料金のまま適用されます。
    • 第9条(料金の支払い)
      • ① 宿泊者はチェックアウトする時またはオリンピックパークテルから支払い要請があった時は通貨、クレジットカードまたはオリンピックパークテルで発行する指定の商品券(観光商品券)でフロントのキャッシャーにてお支払い下さい。
      • ② 宿泊者は料金の支払いの混乱を未然に防ぐためにチェックアウト予定の1日前にフロントのキャッシャーまで支払いの準備を要請して下さい。
      • ③ 宿泊者は登録をした完了後に任意または不測の事態により宿泊しない場合にも宿泊料金を支払わなければなりません。
    • 第10条(客室キー受け取り及び返却)
      • ① 宿泊者は登録する時フロントデスクにて客室カードを受け取り、チェックアウト時は料金の支払いと同時にフロントのキャッシャーにて返却しなければなしません。
      • ② 宿泊者が宿泊中に客室キーを紛失した場合はただちにフロントデスクまで連絡し、客室キーの再発行を受け、それを利用し客室のドアを開ける必要があります。
    • 第11条(宿泊継続の拒否)

      オリンピックパークテルは宿泊者が宿泊中であっても次の事項に該当する場合は、継続しての宿泊を拒否することがあります。

      • 1. 第2条第3項から8項に該当する場合
      • 2. オリンピックパークテルの規則を遵守しない場合
    • 第12条(宿泊の責任)
      • ① 宿泊に対するオリンピックパークテルの責任は宿泊者がオリンピックパークテルのフロントデスクで宿泊登録完了時または客室に案内された時から始まり、宿泊者がチェックアウトしようと客室を後にした時に終わります。
      • ② 宿泊者がオリンピックパークテルの規則及び約款を遵守しないことにより発生した事故に対してオリンピックパークテルは一切の責任を負いません。
    • 第13条(客室利用時の遵守事項)

      宿泊者はオリンピックパークテルが別に定める客室利用時の遵守事項を遵守するようお願い致します。

    • 第14条(営業時間)

      オリンピックパークテルの付帯施設の営業時間は別に掲示してあり、事情によって随時変更になることがあります。

    • 客室利用時の注意事項

      オリンピックパークテルの安全を確保し、公共性を維持するためにオリンピックパークテルをご利用するお客様は下記の事項を遵守するようお願い致します。

      • 1. 宿泊するお客様は宿泊業法によってフロントデスクに用意されている宿泊カードに所定の事項をご記入するようお願い致します。
      • 2. オリンピックパークテルでは次のような事項は禁止されていますのでご了承下さい。
        • ア.客室で暖房用の熱器具やアイロン等の電熱器具の使用
        • イ.ベッドの上等火災の原因になりやすい場所での喫煙
        • ウ.動物、鳥類等の搬入(ペットを含む)
        • エ.銃砲、刀剣類、火薬、ガソリン等の引火性物質の搬入
        • オ.賭博、風紀を乱す行為または他のお客様に迷惑になる行為
        • カ.22:00以降にオリンピックパークテルに滞在するお客様を訪れる行為
        • キ.ロビーを展示場として使用
        • ク.オリンピックパークテルでの他のお客様への広告物の配布
        • ケ.オリンピックパークテル以外の外部からの飲食物の注文及び搬入
        • コ.客室を宿泊以外の目的で使用する場合(炊事行為、賭博行為等)
      • 3. 預けられた洗濯物または紛失物の保管は、別に要請がない限りチェックアウト後から3ヶ月間保管し、その後はオリンピックパークテルの規定によって処分致します。
      • 4. オリンピックパークテル内の付帯施設及び備品使用については次の事項を遵守するようお願い致します。
        • ア.本来の用途以外で使用することをご遠慮下さい。
        • イ.オリンピックパークテルの外への持ち出しを禁止します。
        • ウ.他の場所に移動したり、加工したりできません。
      • 5. チェックアウトされるお客様は事前にフロントデスクにご連絡下さい。
      • 6. 貴重品は必ずフロントの貴重品保管室に預けて下さい。お預けにならなかった物に関してはオリンピックパークテルは責任を負いません。保管料は無料です。
      • 7. パジャマ、スリッパ等で客室からお出にならないようお願い致します。

  • ご予約のお客様情報
    ご予約のお客様情報
    ex) +82-2-1234-5678, +82-10-1234-5678
  • ご宿泊のお客様情報
    ご宿泊のお客様情報
    ex) 2011-01-01

ご予約